http://www.webliojp.info http://www.douseidoumeiname.com http://www.meimeiname.com http://www.yuubinku.info http://www.rnavin.info http://www.mpedias.com http://www.kamons.info

ネイティブ柄 チュニック

こんにちは。
3月になり、日差しが心地よい日が増えてきましたね。お花見するのが待ち遠しいです。


店頭では春夏で大活躍間違いなしのネイティブ柄のチュニックが入荷しています!


ネイティブ刺繍の柄にはそれぞれ意味が込められているそう。
今回は刺繍の意味と一緒にご紹介致します!


まずはこちら。

Size/Mくらい ¥4,900 +tax
FullSizeR1111111111111111hh.jpg


青地に白とピンクの刺繍が映える一品です。

こちらの刺繍、よく見るとギザギザ模様がシェルビーズで施されています。

FullSizeR222222222222222222222222222jh.jpg


こちらのギザギザ模様は、大自然の山脈の恵み・水、また目的地や行先を表現しているそう。

また写真下のピンクと白の色付きの山のような刺繍は、有り余るほどの量の豊富を表しています。

こちらは全て手縫いによって刺繍されています。




続いてはこちら

Size/Mくらい ¥4,900 +tax
FullSizeR33333333333333333333333333333hygdf.jpg

特徴的なこちらの刺繍は動物がモチーフとされています。

真ん中の鳥のような刺繍はサンダーバードと呼ばれ、インディアンの神話に登場する伝説の巨大な鳥を表しています。
嵐の前に現れ、子供をさらうなど伝説を持ち、嵐を呼び、雷鳴を招き、その目からは稲妻が走ると言われる伝説上の鳥。火を象徴するモチーフでもあり、無限の幸福を運んでくると信じられています。リーダーシップの象徴とされています。

FullSizeR4444444444444444444444444444hfd.jpg

両サイドの生物は馬を表しており、「バイタリティーの象徴」であり、古くから勇士のモチーフとされています。

こちらの商品もすべて手刺繍になっています。




刺繍のモチーフの数だけ意味があるので、それも楽しさのひとつでもあります。





ネイティブ刺繍のチュニックとデニムワイドパンツと合わせる定番のコーディネートをご紹介致します!

IMG_5555555555555555555555555555555555555hg.jpg

刺繍アイテムを身につけて、お花見やピクニックを楽しんでみてはいかがでしょうか。


田中
スポンサーサイト

Denim Long Coat

こんにちは。

3月に入り、いよいよ春がやって参ります!

外もぽかぽかしてきてライトアウターを着て出かけたい季節ではないでしょうか。

本日はこれからの時期ピッタリなコートをご紹介したいと思います!


80s Levi’s Denim Long Coat /Made in USA  Size M
¥16800 +tax
111111111111111111111111111111fddfgfgffss.jpg

222222222222222222222222222222222222dffdsfj.jpg

333333333333333333333333333333333333333333dsfffdgdf.jpg

襟と袖裏がコーデュロイ素材になっており、リーバイスらしいデザインとディティールです。

色味やシルエットもよく、これ1枚着るだけで雰囲気が出ます!

ミリタリーシャツやパーカーと合わせても良いと思います。

ロングコートがお好きな方やこれから着てみたいと思ってる方はぜひ見にいらしてください。

ご来店お待ちしております。

チロルスカート

こんにちは。
最近は暖かい日も増え、春物をお探しの方も多いのではないでしょうか。

本日はそんな春にぴったりのチロルスカートをご紹介致します。



チロルスカートとは、別名ディアンドルといい、
ドイツ南部からオーストラリアのチロル地方にかけての女性の民族衣装のことを指します。


「ディアンドル」とは、オーストラリア語で「娘さん」や「お嬢さん」という意味だそう。


ワンピースとブラウスに、エプロンを組み合わせるのが伝統的な着用方法だそうで、エプロンの腰紐が左に結ばれて入れば既婚者、右なら独身という意味もあるそうです。



それでは商品をご紹介致します。

まずはこちら。

size/Lくらい ¥5,900
1ddddddddddddddddddjhh.jpg


チョコレート色にピンクの小花柄が可愛らしい一品です。

2wwwwwwwwwwwwwwwwdg.jpg


ウエストには植物をモチーフにしたチャーム、
裾にはレースのフリルが付いております。



次はこちら。

size/Lくらい ¥5,900

3eeeeeeeeeeeeffd.jpg


裾にあしらわれているピンクの花柄が目を引きます。

4rrrrrrrrrrrrrff.jpg


こちらは嬉しいベルト付きです。
丸型のバックルが可愛いですね!



店頭ではスカートの他にブラウス、カーディガン等、チロルアイテムを沢山ご用意しております。

5jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjhgf.jpg

ぜひ春の支度をしにいらしてくださいね☺︎
ご来店お待ちしております。

メキシコパーカー

まだまだ肌寒い日が続きますが、春物大量入荷中です。
これからの季節に着やすいメキシコパーカー、いい柄が入ってます!

FullSizeR.jpg
左手前から時計回りに、¥6900
¥5900→4130、¥6900
¥6900、¥7900(全て税抜き価格)

サイズは左手前のみXLサイズぐらい、他はLサイズぐらいです。
この他にも様々な商品が入荷しています。

是非ご来店下さい。

ゴブラン織りのバッグ

こんにちは。

ここ最近、雪がちらついたりと、厳しい寒さが続いていますね。


本日はそんな春が待ち遠しい季節にぴったりのゴブラン織りのバッグをご紹介致します!








まずは、ゴブラン織りについて。




ゴブラン織りの歴史は古く、その系譜は古代西アジアやエジプトに起源を持つ華やかな『つづれ織り』まで遡ります。

ゴブラン織りは13~14世紀のヨーロッパで、城や聖堂、邸館などの居室の装飾として発達しました。
そういった装飾的な布をタペストリーと言います。


たて糸に麻、よこ糸に羊毛やシルクを使用し、様々な絵柄や文様を織り出すゴブラン織りは、制作に手間や時間がかかるため、かなり高価なものだったそう。

現在のベルギーや北フランスに点在するアトリエを中心に制作され、やがてルネッサンス・バロックの時代を経てヨーロッパの工業芸術における、最も創造的な分野の一つに形成していきました。








それでは商品のご紹介です。




まずはこちら


ゴブラン 写真①
¥13,800(+tax)


モザイク画のような花の柄は奥行きのある色使いでとても上品です。

ゴブラン 写真②


マチ部分にもこのように織りが施されており、360°抜かりがなく、パーフェクトな一品です。




続いてはこちら

ゴブラン 写真③
¥5,900(+tax) 20%off

たくさんの花に囲まれているようなデザインのこちらのバッグは、荷物が多めな方でも安心なたっぷり大きめサイズです。

ゴブラン 写真④

サイドはレザーなので、カジュアルなコーディネートにも合いそうですね!




最後はこちら。

ゴブラン 写真⑤
¥6,900(+tax) 20%off

こちらは先程の2点とは少し印象が違うネイティヴ柄です。
ジグザグ、とブラウン系の色使いが新鮮です。

ゴブラン 写真⑥

こちらはがま口型になっており、中と両サイドにはポケットがあるので収納力は抜群です!


他にもゴブラン織りのバッグ多数入荷しております!
冬のコーディネートのマンネリ打破に、華やかなバッグを取り入れてみてはいかかでしょうか♪

田中
NEXT≫
古着屋TOP OF THE HILLは60年代~80年代の古着やオリジナルウェア、インポートウェアが揃うショップです。 入荷情報やセール情報など更新しています。
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
まとめ